妊婦にはビフィズス菌が必要

妊婦にはつわりや便秘など様々な症状が現われますが、必要な栄養素や腸内環境を整える方法を知っておけば、それらの症状を和らげたり、解消することができます。まずは妊婦にオススメな便秘解消法から見ていきましょう。

妊婦の便秘解消に役立つものとHMB極ボディについて

メジャー

妊婦にオススメ便秘解消法

妊婦に起こりやすい症状の1つが便秘です。この便秘を改善するには腸内環境を整える必要があります。ではどうやって整えていくのか?その方法はバランスのとれた食生活にあります。例えば普段の食生活が肉に偏っていたり、甘い物や冷たいものばかりだとどうしても腸内環境は改善されません。腸内環境を整えるために効果的なのが食物繊維の多い食べ物やオリゴ糖、ビフィズス菌などが含まれる乳酸菌の摂取です。特にビフィズス菌は便秘解消や腸内環境を整えることで、母体の免疫力を高める効果もあるので、免疫力が低下傾向にある妊婦にもピッタリです。ただ妊婦になってからバランスの良い食事を心がけると体重が増加して出産後も太ったままになってしまう人も多いです。そこでダイエットを始める際にオススメなのがHMB極ボディです。HMB極ボディには様々な種類のアミノ酸が含まれており、筋肉を付けたいと思っている人だけでなく、ダイエットしている人にも役立つのです。

HMB極ボディの愛用者

  • 亀田 興毅
  • 亀田 大毅
  • 北井 大五
  • REIKA

妊婦にオススメな栄養素

メジャー
no.1

葉酸

胎児の発育をサポートしてくれる最も代表的な栄養素です。葉酸は胎児が細胞分裂や血流を活発にして成長するのに必須な栄養素となります。また、胎児の神経系の発達異常のリスクを下げるという効果もあります。妊娠初期から出産後まで母体と胎児の健康と発育に大事な栄養素になります。葉酸はブロッコリーや水菜、アスパラやほうれん草など多くの野菜に含まれています。

no.2

カルシウム・乳酸菌

カルシウムは胎児の骨格などを作るのに必須な栄養素となります。胎児の発育に必要なカルシウムが不足すると、母体からカルシウムが胎児へと吸収されて、母体のカルシウムが不足して骨や歯に悪影響を及ぼすことがあります。カルシウムは牛乳やヨーグルト、小松菜などに多く含まれています。また、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は妊婦に起こりやすい便秘も解消してくれる効果があります。

no.3

ビタミンB6

ビタミンB6は妊娠初期からのつわりを和らげてくれる作用があります。主にニンニクやキャベツ、バナナや玄米などに多く含まれています。また、ビタミンB6と同時に納豆やアーモンドなどに含まれるビタミンB2も一緒に摂ることで、つわりが解消されやすくなります。

no.4

鉄分

胎児の成長と共に母体からの血液量も増していきます。そのため、妊婦は鉄分が不足しやすく、苛立ちや立ちくらみ、肩こりや頭痛などの症状が現われやすくなります。なので、妊婦は意識的に鉄分を摂取するようにしましょう。鉄分はごまや卵黄、大根や黒砂糖などに多く含まれています。